top of page

古い政治ときっぱり決別「市民と野党の共闘」演説会

4月16日、衆議院東京15区補欠選挙、酒井なつみ候補の応援に、福島みずほ社民党党首ら女性国会議員が江東区東陽町駅前に集結しました。


都連合からいぢち恭子幹事長・桜井夏来政策委員長を始め近隣の区から多くの党員が応援に入りました。


「市民と野党の共闘」演説会

司会は吉田はるみ衆議院議員。


江東市民連合共同代表の宇都宮けんじ弁護士が主催者を代表して

「市民連合の候補者一本化の願いが実現した。江東区では自民党政治家の不祥事が続いたがなんとしても酒井なつみ候補を勝たせたい。ここ東京15区から新しい政治、古い政治ときっぱり決別した日本を作るために全力を尽くしましょう!」と訴えがありました。


酒井なつみさん

酒井なつみ東京15区候補者は

「政治の汚職が続いたこの街からクリーンな政治を作りたい、強いもの金で動く政治と決別し、市民の多くの声で動く新しい政治、市民の生活を守り将来世代につなげる政治、看護師・助産婦の経験から命を大事にする政治を実現したい」と決意を述べました。


社民党・福島みずほ党首は応援演説で

「みんなの力で酒井なつみさん勝たせよう、日本の政治を変えましょう、政治が一人ひとりを応援するためにある、戦争につながる政治より、一人ひとりが安心して暮らせる政治を作りましょう。そのために酒井なつみさんをなんとしても勝たせましょう」と訴えました。


福島みずほ党首の応援演説

「市民と野党の共闘」演説会

蓮舫衆議院議員、田村智子日本共産党委員長(衆議院議員)、櫛淵万里衆議院議員は「裏金で腐敗した自民党政治と反省していない議員をなくし、軍事東京より国民本位の政治に転換しよう、そのためにまず東京15区で酒井なつみさんを勝たせよう、投票率を上げよう」と明るく元気に訴えがありました。


酒井なつみ候補者、応援演説者に大勢の聴衆から拍手と歓声が沸き上がりました。


閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page