top of page

東京都知事選挙の結果について(談話)


1 昨日、東京都知事選挙の投開票が行われました。社民党は、前参議院議員の蓮舫氏を、立憲民主党、共産党等とともに支援し闘いました。結果は、自民党、公明党、国民民主党、都民ファーストが支援、連合東京が支持した小池百合子氏が3期目の当選を果たし、蓮舫氏は落選しました。猛暑の中、ご支持いただいた都民のみなさまに、深く感謝申し上げます。

 

2 社民党は今回の選挙を、自民党政治と同調し独裁色を強める小池都政に対し、NOを突

きつける重要な選挙と位置づけ、市民と野党の共闘による候補者擁立の努力を続けてきました。立憲民主党・日本共産党・新社会党・緑の党グリーンズジャパン・東京生活者ネットワークや市民団体が共同で立ち上げた「候補者選定会議」にも参加し、候補者選定に力を尽くしてきました。強力な現職に対抗しうる候補者の選定は容易ではなく、結果として5月末の出馬表明となってしまったことは反省点といえます。

 

3 社民党は福島党首が数回応援に入り、都連合・総支部も小選挙区単位で蓮舫候補を支え

ましたが、現職の力は強大で、われわれの闘いがその壁を打ち崩すまでに至りませんでした。支持・支援をくださった全ての都民・市民に心よりお詫び申し上げます。

同時に都議の補欠選挙が9選挙区で行われ、自民党は公認8名を擁立、当選は2名にと

どまったことからも、裏金にまみれた自民党への不信は依然として強くあります。 

今回の都知事選で市民と野党の共闘を推し進めた取り組みの意義は大きいものがあります。今回の結果を「次」に繋げるために、社民党は引き続き全力を尽くす決意です。

 

以上 


2024年7月8日

社会民主党東京都連合

代表 青山 秀雄


あじさい

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page